初潮を迎えてからでは遅い!生理の手当ての仕方

発達障害のお子さんには
“早期療育”が推奨されていますが、
それは日常生活で起こりうる
さまざななことにも当てはまります。

 

さてさて。

今日はこんなお話です。

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

女の子の生理の手当てって
いつから教えるべき??

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

私が子どもの頃は、
確か小学3年生ごろに
生理の話を養護教諭から
聞いたなぁという記憶です。

つまり、早いお子さんで
小学4年生には初潮を迎える、
ということを意味しているのだと
思うんですよね。

ただ、私が子どもだった頃って
今からもう30年くらい前の話です。

子どもの体の成長は
年々早まっていっますから、
早いお子さんでは
小学3年生に初潮を迎えた、
というお話も耳にしたことがあります。

====

さて。

一般的な育児の場合、
子どもが初潮を迎えてから
生理の手当てを教えますよね。

おそらく私たちも
そうやって育てられました。

ただ、発達障害のお子さんの場合、
初潮を迎えてから教えるのでは
遅すぎるんです。

ですから、
初潮が来る前に手当の仕方を
教える必要があります。

それでは。

教え始めるのは
いつからが良いのかというと・・・

■□━━━━・・・・・‥‥‥……… 

小学2年生の冬

‥‥‥………・・・・・ ━━━━■□

はい。

まさに今くらいの時期から
教えるのがぴったりなんです。

一度覚えてしまえば、
いざ初潮を迎えた時の苦労が
本当に少ないです。

「あづみ先生が教えてくださったおかげで
 生理が始まってから
 ほとんどトラブルなく処理できています」

というママさんからの
お声をいただいています♪

小学2年生の女の子のママさん、
ぜひ今の時期から
生理の手当てを教えてあげてくださいね♪

今日も最後までお読みいただいて
どうもありがとうございました。

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 事業内容 

  • 10分間おうち療育®️個人レッスン
  • 10分間おうち療育®️指導者・支援者研修
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 大学生までの学習サポート
  • 教育・療育関連研修事業
  • 文章ライティング
  • その他

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..