発達障害の“代弁者”

発達障害に関わることを
仕事にしている私。

いつも心に置いているのは

私は発達障害のある子どもと
その家族の代弁者である

ということです。

 

お子さんをみていると

「どうしてこういうことを
するのだろう」

と思うことがあると思いますが、
その返答を相手に伝えるのも
私の役割だと思うのです。

 

反対に、
大人の人が
発達障害のお子さんに伝えたいことを
私がお子さんに伝えたり、

伝わりやすい方法を
大人の方にお伝えするのも
私の役割だとも思っています。

 

それが私にとっての
「代弁者」だと思って活動しています。

 

でも、それだけでは
もちろん不足してしまいます。

 

お子さんだって大人の方だって
まるで通訳のように
毎回、私を介しての会話では、
とても疲れてしまうと思うのです。

 

ですから、
お子さんには指導を、
大人の方にはアドバイスを、
その人にぴったり合った方法で
お届けしています♬

 

そうすることで、
通訳を挟まなくても
より確かな意思疎通が
図れるようになるからです。

 

・・・ところで。

私は代弁者になるよう、
努めているのですが、

あなたが頼りにしている
専門家の方も
私ときっと同じような
志があると思うのです。

 

ただ、
あなたが頼りにしている専門家に
そういう雰囲気が
感じられないのであれば、
足を止めて考えてみてください。

例えば、療育に通っているのに
指導員の方が「できないこと」探しに
日々明け暮れているようでは、

「果たして代弁者なのかな?」という
思いが自然とこみ上げてきますよね。

 

そういう時には
頼りにする専門家を
変えた方が良いと思うのです。

通う療育を辞めましょう、
ということではなくて、
他につながりのある専門家の声に
言葉を傾けてください。

あなたにとって
最良の代弁者をみつけることで、
あなたの子育てがさらに
頼もしくなることでしょう。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 事業内容 

  • 10分間おうち療育®️個人レッスン
  • 10分間おうち療育®️指導者・支援者研修
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 大学生までの学習サポート
  • 教育・療育関連研修事業
  • 文章ライティング
  • その他

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..