【ペアレントメンター通信】「病院に行けば安心」という幻想①

【2018年6月22日配信】
 
 
みなさん、こんばんは。
 
ペアレントメンターチームです。
 
 
地域にも寄りますが、
小学校での水泳学習が始まりましたね。
 
 
保育園や幼稚園でも
そろそろ始まりますよね〜。
 
 
洗濯物が増えるので
ちょっと大変になりますが、
子どもたちの笑顔で元気になりましょう!
 
 
 
=====
 
さてさて。
今日はこんなお話をしますね。
 
 
 
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「病院に行けば安心」という幻想①

______________

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*


 
子どもの発達に心配があって、
相談機関を尋ねたら
病院への受診を勧められたり、
 
あるいは
まずは病院へ足を運んだりと
 
何らかの形で
私たちは医療機関との
つながりを持ちますよね。
 
 
 
あづみ先生もお話していましたが、
園でも学校でも
「病院とのつながりがあるかどうか」は
とても気になるところでもあるようです。
 
 
 
つまり、
専門家の介入があるかどうかで
子どもの発達に何かしら
大事なことがあるんでしょうね。
 
 
 
 
だから、
私たちは病院への受診を
選択することをします。
 
 
「病院へは行かない」という
選択肢だって用意されているのに。。。
 
 
 
さて。
 
私たちも周囲のお話を聞いたり、
子どもの成長を見たりしながら
やっとの思いで
 
「病院に行ってみよう!」
 
という勇気が湧いてくるし、
その勇気に素直に従えるようになります。
 
 
そして、病院へ問い合わせを
してみると、思わぬ事態に
直面するのです∑(゚Д゚)
 
 
 
それは・・・・
 
○●○●○━━━━━━━━━
 
受診までに
何ヶ月も待たされるということ
 
━━━━━━━━━○●○●○
 
小児科のように
気軽に足を運ぶことができないのは
十分に分かっていましたが、
まさかここまで待つとは・・・!
 
 
予約したものの、
首の皮一枚で繋がったような
そんな感じがしてしまいました。
 
 
この予約の日時を待っている間に
比例をして、子どもは成長していきます。
 
 
けれども私たちの気持ちは反比例。
 
 
「今が一番辛いからどうにかしたい」
 
「子どもが成長すると
 悩みが変わっちゃう」
 
 
そんな何とも表現しがたい
苛立ちや不安を抱えながら
何ヶ月も過ごさなくては
ならなかったのです。
 
 
 
そんな思いを抱えたまま
ようやく待望の受診の日を
迎えることができましたが・・・
 
 
そこに待ち受けていたものは
 
 
「病院に行っても何も変わらない」
 
 
虚しくも悲惨な現実でした・・・。
 
(次回に続きます)
 
 
 
 
 
 
今日はこの辺で
おしまいにしますね。
 
 
 
今日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました♬
 
 
 
またいつかの夜に
お目にかかりましょう。