【ペアレントメンター通信】初めての療育①

【2018年5月21日配信】
 
 
みなさん、こんばんは。
 
ペアレントメンターチームです。
 
 
5月もあと10日くらいですね。
 
 
新年度が始まってから・・・
いや、お子さんによっては
3月くらいから、
なかなか落ち着かない毎日が
続いていましたよね。。。
 
 
最近になってようやく
普段通りという感じの
生活が戻ってきているように
感じています。
 
 
=====
 
それでは、今日の通信です。
 
 
 
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

療育を利用し始めたきっかけ①  

______________

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*


 
療育の利用を決めた理由は
ママによって様々ですよね。
 
 
①は自分で気づいたパターン、
②は他人から言われたパターン、
 
というように
お伝えしていきますね。
 
 
・・・ということで、
今日は①をお伝えしていきます。
 
 
 
「育児ってこんなに大変なの??」
 
 
子どもが生まれて、
ようやくこの事実に気づく私たち。
 
 
「子どもの成長とともに育児が楽になる」
 
 
そんなふうに周りの人から
言葉をかけられていました。
 
 
でも、私は・・・・・・
違っていました。
 
 
同じくらいの月齢の子どもを見ても
明らかにうちの子だけ
「できない」
ということがたくさんありました。
 
 
他の子は、
大人が一言言葉で注意をすれば
ちゃんと通じているのに、
うちの子はなぜか違ったんです。
 
 
 
一般的な育児の悩みとは
明らかに違う私の育児の悩み。
 
 
心を痛め、
悩みが大きく強くなる一方でした。
 
 
それなのに誰にも相談できなくて
どんどん孤独になっていく。。。
 
 
 
こういう毎日から
どうにか抜け出したい!!
 
 
いや、抜け出さないと
大変なことになる!!!
 
 
 
そう思った私は心を決めて、
自治体の相談窓口を調べて
育児についての相談をしました。
 
 
「もしこれで何もなかったら
本当に手詰まりだ」
 
 
そんな思いを抱えていました。
 
 
相談の結果・・・・
 
○●○●○━━━━━━━━━
 
自分のせいじゃなかった
 
━━━━━━━━━○●○●○
 
ということが分かりました。
 
 
この時、とっても安心したのを
今でも覚えています。
 
 
 
うちの子の発達には心配がある。
 
できないことがいっぱいでも
それは仕方がないこと。
 
だからこそ、
これから療育に通えば
できることが増えていくんだ!!
 
 
 
そんな明るい希望を持つことが
できるようになりました。
 
 
 
あの時の決断は正しかったなと
自分ではそう思っています。
 
 
 
 
 
今日はこの辺で
おしまいにしますね。
 
 
 
次回は、エピソード2の
「他人から言われたパターン」を
お伝えしていきますね。
 
 
 
今日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました♬
 
 
またいつかの夜に
お目にかかりましょう。