アナログ時計の読み方を教える

小学校入学前に
身につけておきたいスキルの一つに
 
「アナログ時計を読む」
 
というものが挙げられます。
 
 
 
時刻の学習は、
小学1年生で学ぶのですが、
学校生活というものは、
時刻があるから成り立つ部分が
多いからです。
 
 
 
そして、
アナログ時計というものは、
どの社会に行っても
必要になることですので、
 
数字を読めるようになったら
長い時間をかけて
学んでいくのも良いと思います。
 
 
 
そういう訳で、今日は、、、
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
時計の読み方って
どうやって教えればよいの?
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
ということについて
みなさんにお伝えしますね。
 
 
 
 
できるお子さんは、
早めの年齢からスタートしてOKです。
 
 
 
 
さて、まずは教える材料、
つまり、「教材」の話からしますよ。
 
 
 
 
必要なのは
 
 
 
アナログ時計を2つ
 
 
 
たったこれだけです。
 
 
 
でも、時計すら不要です。
文字盤と長針、短針が
それぞれ2セットずつあればOKです。
 
 
 
ちなみに、私は
板目紙で手作りします。
100円ショップに売ってますので
材料費は108円くらいです。
 
 
 
 
 
時計を購入する方は、
安価なものを用意してくださいね!
 
 
なぜなら、分解して使うからです。
 
 
=========
 
 
 
さて、
その分解した2つの時計で
お子さんに教えていきます。
 
 
 
 
一つは、長針のみの時計、
もう一つは、短針のみの時計。
 
 
 
 
つ・ま・り!
 
 
 
 
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□:*
 
長針と短針を別々に教える
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□:*
 
 
 
 
のです!!!
 
 
 
 
順序としては
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□:*
 
①長針のみを教える
②短針のみを教える
③長針・短針がある状態で教える
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□:*
 
というように
教えていくのです。
 
 
①と②はどちらが先でも
大丈夫ですよ♪
 
 
 
 
今日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました♬
 

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..