遊びの「終わり」が分からない子供への対処法

発達障害がある場合、
感覚的なルールというものの理解が
難しいお子さんが大勢いらっしゃいます。
 
 
 
そして、私たちは
自然にできていることなので
お子さんに教えるということですら
戸惑いを感じてしまうこともあります。
 
 
「どうしてできないんだろう」
「どうして分からないんだろう」
 
そのような思いに
毎日出会うことがある
ママさんは多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
今日もご質問を
いただいているので
お答えしますね!
 
 
 
今日は・・・・
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
あそびをなかなか終えられない。
「おしまい」にするには
どのようにすれば良いのか。
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
 
ということです。
 
 
 
このお悩み。
実は多くの方が
抱えているのではないでしょうか?
 
 
 
 
公園などで遊んでいる時には
「あるある」ですよね?
 
 
 
 
「もう帰るよ」と声掛けしても
お子さんはママの言葉なんて
無視して遊び続けてしまう。
 
 
 
この状況を何とかするために
必要なこととは????
 
 
 
 
それはですね・・・・
 
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□:*
 
遊びの「終わり方」を伝える
 
■:*:—-:*:□:*:—-:*:■:*:—-:*:□:*
 
 
 
 
ことです(^_-)-☆
 
 
 
 
お子さんが分かるような
声掛けや物理的な工夫、
時間的な工夫などをしましょう。
 
 
 
 
そうすることで、
ママは苛立たなくて済むし、
 
お子さんは
いつまでも遊ばなくても
済んでしまうのです♪
 
 
 
 
 
工夫の仕方は千差万別です。
 
ですから、
個別でじっくりと
お話をお伺いする
機会がどうしても必要になります。
 
 
そのため、
10分間おうち療育では
 
“体験レッスン”
“毎月募集の個別相談”
“毎月募集のメール相談”
 
などのサービスを設けております。
 
 
 
長期的なサポートもあります。
 
長期サポートの方が
あなたの育児に一生役立つような
内容になっております♬
 
 
必要な方は、
ご一報くださいね。
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..