“できる行動”なのに“できない”のはなぜ?

発達障害の育児をしていると
「どうして?」と思うことに
たくさん出会うと思います。
 
 
その理由を知ろうとすればするほど
どうにもこうにも
たどり着けない時もありますよね。

 
 
今日は、そんなお話を
ご紹介しますね。
 
 
 
先日、10分間おうち療育の
受講生の方から
こんな質問をただきました。
 
 
 
「手洗いを促しても
サッとしか手を洗わないんです。
 
それなのに、
粘土などを触ったらすぐに
手を洗いに行くんです。
 
きれい好きなんだか
そうじゃないんだか
よく分かりません・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう。
そうですよね~。
 
 
 
特にこの冬の時季は
風邪などの予防のために
手洗いうがいが励行されます。
 
 
 
「手を洗うことができるクセに
しっかりと洗わないんですよね~」
 
 
 
 
ママさんには
こんな悩みがあるそうです。
 
 
 
 
 
でも。
正直なところ、
理由は超単純です!!
 
 
 
 
あなたもきっと
笑っちゃいますよ(^▽^)
 
 
 
 
そ・れ・は・・・・・
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
手を洗う明確な動機が
本人にはないから
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
です!!!
 
 
 
外から帰ってきた後や
食事の前などの手荒いに
 
お子さん自身が
意味を持たないと
「きちんと」洗うことはないです。
 
(「手洗い」の一連の動作が
ぴしっと入っている
お子さんは別ですが。)
 
 
 
 
 
意味を持た時、
つまり、
洗う必要性が出た時は
しっかり洗えるんですよ~。
 
 
 
 
実際に
粘土などにふれた時は
すぐに洗いに行くそうですよ!
 
 
 
 
 
 
ですから、
何の不思議もありませんw
 
 
 
 
私たちにとって意味ある行動でも
お子さんにとってみれば
意味をなさない行動なので
習慣化が難しい、ということは
往々にしてあることです。
 
 
 
 
 
 
 
最後までお読みいただきまして
ありがとうございました♪
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..