問題行動を導いている育児

発達障害の問題行動というのは
実に様々な形で現れてくるものです。
 
 
しかも、それは
一般的な育児をしていると
その問題行動自体が
さらにエスカレートすることも
あり得るのです。
 
 
 
 
 
 
私が出会うママさんたち。
 
 
お話をお伺いしているうちに
涙がほおを伝って
流れていく―――。
 
 
 
そんな場面に
時々出会います。
 
 
 
その「涙」に隠された思いは・・・
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
私、今まで子どものために
良い育児ができていなかった
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
ということのようです。
 
 
 
 
 
 
 
私としては
 
「そこまでお子さんのために
育児をなさっていらしたんだな」
 
と感じてしまいます。
 
 
 
 
 
 
そんな素晴らしいママさんたち。
 
 
一般的な育児をしているから
お子さんの育て方に不安がある。
 
 
 
 
ただそれだけなんです。
 
 
 
 
 
発達に心配のあるお子さんは
一般的な育児では通用しません。
 
 
 
 
それどころか、
ママであるあなた自身が
 
お子さんの育ちの芽を
知らない間にぷいっと
 
摘んでしまう可能性さえ
あるのです。
 
 
 
 
 
そうなると
子どもの立場としては・・・
 
 
 
・かんしゃくを起こす
 
・言葉が遅れる
 
・自分からの発信が減る
 
・自傷行為が出てくる
 
 
 
などの
様々な負の行動を
生み出さざるを得ません。
 
 
 
 
 
そう。
 
 
 
もしかしたら
あなたの今の育児が
 
お子さんの好ましくない
行動を引き起こしている
可能性だってあるんですよ!!
 
 
 
 
 
悩んでいる時間も大事です。
 
 
 
でも、
悩み過ぎは良くないです。
 
 
 
 
少しだけでも
「動けるエネルギー」が
チャージできたのなら
 
そっとで良いので
マイペースに
動き出してみてください。
 
 
 
 
 
 
そうしたら、ほら!
あなたの進むべき道が
見えてきますよ!!
 
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..