発達障害と「ほめる育児」

「ほめる育児」は
今でこそ世間一般に知れ渡っています。
 
 
私たちが受けてきた育児は
どちらかというと
叱咤されることが多かったように
記憶しています。
 
 
世間では
よくよく話題になることですが
こんな疑問を持ったことは
ありませんか?
 
 
 
 
それは・・・・・・
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
「ほめる育児」って
一体どうやるの??
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜
 
 
ということです。
 
 
 
 
もう何年も前から
耳にタコができるくらい、
 
世の中では「ほめる育児」が
広まっていますよね~。
 
 
 
 
でも、
広まっているのは
実は言葉だけなんじゃないかなって
最近思っているのです。
 
 
 
 
なぜなら、
私のレッスンを受けたいと
お考えの皆さんは、
 
みーーーんな
それで大きな悩みを
抱えているからです。
 
 
 
 
 
 
もう少し、
現実的にお話をすると
 
 
 
 
 
 
「私、起こりすぎちゃいます」
 
「怒るのにも疲れてます」
 
「怒るのが普通になってます」
 
 
 
 
 
 
 
あらら・・・・
ですよね・・・・
 
 
 
 
 
 
これでは、ママもですが
お子さんも
 
毎日毎日暗くて辛い
まるで地獄にいるような
 
そんな気持ちで毎日を
過ごしているってことですもんね。。。
 
 
 
 
 
 
その状況、
やっぱり脱しなくちゃダメですよ!!
 
 
 
 
お子さんの育児にはもちろん、
あなたの人生にだって
良いことは何もないですからね♪
 
 
 
===
 
ところで。
私の10分間おうち療育を
お伝えしているとですね、
 
「あぁ、ほめる育児ね!」
 
と軽々しくまとめる方が
いらっしゃいます。
 
 
確かにほめることは
とても大事な要素ではあるのですが、
「ほめる育児」とは違いがあるのも
事実なんですよね〜。
 
 
この「ほめる」を活用する
理由が違うような気がします。
 
 
そして何より、
10分間おうち療育は
正しい行動をお子さんから
導き出すための工夫が
大事になってくるのです。
 
 
おそらく、
一般的なほめる育児だと
そのような工夫もないのでは?
 
 
 
発達障害の子育ては、
育児書や母子手帳などが
当てはまらない育児だと思います。
 
 
だからこそ、
大事なことを省略して
「ほめる育児ね!」と
ひとまとめにするのは
とても危険なことだと思います。
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..