TEACCHプログラムの理念に基づいた療育

自閉症の人のために
開発されたTEACCHプログラム。
 
 
こちらもその療育の効果が
科学的に証明されていますよね。
 
 
 
今日は、私の療育の根にある
「TEACCHプログラム」について
お話させていただきます。
 
 
あ、読み方は
「ティーチプログラム」です。
 
 
 
「プログラム」というと
何か特別なメニューがあるような
そんな感覚ですが、
 
TEACCHって
そういうのではありません。
 
 
 
 
 
TEACCHプログラムが誕生したのは
アメリカのノースカロライナ大学。
 
 
故エリック・ショプラー博士が
考え出した自閉症の方の
プログラムです。
 
 
 
 
 
このTEACCHプログラムの理念は
 
 
「自閉症の人が自閉症のまま
自分らしく幸せに生きていく」
 
 
ということです。
 
 
 
 
日本の教育は今もなお
通常の学級での学習内容に
合うような内容ですが、
 
TEACCHプログラムは
スペシャルニースがある方に
合わせて学びを進めていく
考え方です。
 
 
 
 
私個人としては
ここがすごくピッタリきます!
 
 
 
そして、TEACCHでは
「障害」を「個性」と表現するのではなく
「文化」と表現しているところも
私としてはしっくりきています。
 
 
 
 
私たちと
スペシャルニーズがあるお子さんは
文化が違うだけ。
 
 
 
だから、
一緒に幸せに暮らしていくには
お互いの文化を知る必要がある。
 
 
 
 
そう思って日々療育をしています。
 
 
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..