応用行動分析の療育はエラーレスラーニング

応用行動分析について
お話をしているので、
 
今回もまた
応用行動分析のお話です。
 
 
あ、もちろん、
専門的なことじゃないですよw
 
 
 
ちゃ~~んとみなさんに
役立つことですから、
安心してくださいね!
 
 
 
応用行動分析の療育で
大事なことの一つに
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
エラーレスラーニングが大前提
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
ということがあります。
 
 
 
 
「エラーレスラーニング」
 
 
●エラー=誤り
 
●レス=ない
 
●ラーニング=学習
 
 
 
 
つ・ま・り!
 
 
「誤学習がない」
  👇
  👇
「最初から正解する学習」
 
 
 
ということです!
 
 
 
 
 
 
 
「え?それって
テストでいえばカンニングでしょ!!」
 
 
 
 
まぁ、そういうことになるかしら(;^_^A
 
 
 
 
===☆===☆===☆
 
 
私たちが子どもの頃、
小学校での教わり方は
 
「まず自分で考えてみる」
 
というスタイルでした。
 
 
 
 
でも、それでは
本当に分からないことは
頭を悩ませるだけで
正解を知った時に
 
「あぁ、なるほど!」
 
と思って
頭の中にストンと落ちました。
 
 
 
でも
素直に「ストン」と落ちないのが
発達に心配のあるお子さんです。
 
 
 
もし、「あぁ、なるほど~」という
ことがあったとしてもですね、
 
特にグレーゾーンのお子さんの場合、
その「正解」をアレンジしてしまうので
結局は「不正解」を学んでしまいます。
 
 
 
そうなると・・・・
 
 
 
ほら!
思い出してください!!
 
 
発達に心配のあるお子さんは
物事の「切り替え」がすごく苦手!
 
 
 
だから、新たに「正解」を
覚え直すのに
途方もない時間がかかるのです。
 
 
 
 
 
ですから、
「不正解」や「失敗」から
学ぶことが難しい。
 
 
 
もし、最初に「不正解」を
学習してしまったら、
 
一生そのパターン、なんてことだって
考えられます!!
 
 
 
 
だから、
応用行動分析を活用して
おうち療育を進める私たちは
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
エラーレスラーニングが大前提
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
なのですよ!!!
 
 
 
 
・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・
 
 
 
 
 
でも、
どうやって
エラーレスラーニングに
するのでしょうか。
 
 
 
「最初から正解を学習する」って
どういうことでしょうか。
 
 
 
ちょっと考えてみてくださいね。
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..