応用行動分析を育児に生かす

昨日は、
兄弟げんかをしない方法について
簡潔にお話しましたよね?
 
 
 
 
 
それは・・・・
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
「けんか」という場面を
経験させることを避ける
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
 
ということでした。
 
 
 
 
でもですね、
 
 
あなたも
薄々お気づきでしょうが
 
これは、兄弟げんかだけでなく
子ども同士のけんかはもちろん、
 
親子だって夫婦にだって
言えることなんですよ!
 
 
 
 
 
 
それだけ、
応用行動分析(ABA)というものが
有効であるという証になりますよね。
 
 
 
 
 
 
さてさて。
 
 
 
昨日から
「応用行動分析(ABA)」という
言葉を出していますよね。
 
 
以前のメルマガでも
お伝えしましたよね。
 
 
ちょっと復習してみましょう。
 
 
 
 
心理学の一種の学問で、
ABAを活用した療育は
世界で唯一、その効果が
科学的に証明されています。
 
 
 
 
 
 
私は自分の療育に
ABAを活用しています。
 
 
でも、学者ではありませんので
自分の療育に役立てる部分を
活用しているにすぎません。
 
 
 
 
===☆===☆===☆
 
 
 
このABAを活用して
私は育児をしています。
 
 
 
ABAの理論から考えて、
どうすれば兄弟げんかがない
子育てができるのか、
考えました。
 
 
 
 
 
やっぱり、
けんかの仲裁って
嫌ですからねwww
 
 
あなたも
それは同じ気持ちですよねw
 
 
 
 
 
 
 
そこで、私が思いついたのが
昨日お話した
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
「けんか」という場面を
経験させることを避ける
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
というものです。
 
 
 
 
 
このことを心がけて
当時まだ3歳の息子と
0歳の娘に対して
策を練りました。
 
 
 
 
 
何をしたかというと・・・・
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
妥協できそうな子どもに
妥協案を持ち掛けて
気持ちを変える
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
ということでした。
 
 
 
 
 
ね?
 
 
「お兄ちゃんだから我慢しなさい」
 
 
という「我慢」もないんですよ!!
 
 
 
 
なぜなら、
それは単なる
「妥協」ではないからです。
 
 
 
 
ここも
重要な要素になってきますよ!
 
 
 
 
 
 
 
応用鼓動分析(ABA)を
活用できるようになれば
 
あなたの育児も
今よりずっとずっと楽になりますね!
 
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..