10分間おうち療育 3つの基本

育児に取り入れる療育。
 
 
発達障害があると般化が難しいという
困難がつきものですが、
育児にそのまま活かせる療育なら
改めて学び直しの必要がありませんし、
 
そもそも
ママが新たに教える必要性も
ないので、とても効率的だと
個人的には思っています。
 
 
 
そこで今日は
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
10分間おうち療育 3つの基本
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
についてお伝えしますね。
 
 
 
もしかしたら、
以前と異なることを書いてしまうかも?
 
 
 
 
でもですね、それでよいと思っています。
 
 
 
なぜなら、
私が開発したメソッドは
生きているからです!
 
 
 
卒業生や受講生のママさんたちが
どのようにおうち療育を
取り入れて育児に馴染ませたのかが
すごーーーく大事だからです。
 
 
 
 
ですから、
今年のまとめとしての
10分間おうち療育の基本を
3つお伝えしますね。
 
 
 
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
ほめる育児
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
「おだて」ではなく、
適切な行動を取った時に
 
お子さんに
 
「これでいいんだよ」
「できたんだよ」
 
と伝えるための育児です。
 
 
 
 
「ほめポイント」を
みつけたり、時には作ったりして
ほめる、というのがお約束です♪
 
 
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
お子さんとは契約関係を結ぶ
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
「約束」という曖昧な事象よりも
しっかりとした絆を築くために
この「契約関係」は必須です。
 
 
ここがしっかりしてくると、
おうち療育も加速します。
 
 
だからといって、
あなたが
頑張りすぎる必要はありません。
 
 
「ヤバい!!」と思って
ドキドキして
焦る必要もありません。
 
 
 
一つずつ、丁寧にゆっくりと
こなしていけば
必ず良い結果になりますよ!
 
 
 
 
じゃあ、
どうすれば、
契約的関係になれるのか。
 
 
 
これは、
 
 
 
「行動➡結果」
 
 
 
ここを確実なものにしてくださいね。
 
 
 
行動した結果、
お子さんの望ましいものを
必ず大人側が提示することが
大事なことですよ!
 
 
 
 
ここを意識してみてくださいね。
 
 
 
 
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
主導権はママに!!!
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
親子だと
どうしても曖昧になってしまうのが
この「主導権」です。
 
 
 
 
ですから、
ここが最難関になってしまう
ママさんも多いですよ~。
 
 
 
指導者の方も同じですよね?
 
 
 
 
一日のうち、全部の時間を
意識して実行するのは
すごく難しいことです!!
 
 
 
 
 
ですから、
 
「これから教えよう!」
 
と思った時だけで良いので
意識してみてくださいね!
 
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..