第4の発達障害は存在するのか

第1から第3までの
発達障害がどれなのか、
はっきりと決められてはいませんが、
 
世の中には
「第4の発達障害」という
言葉が存在しています。
 
 
 
 
前回のブログは
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
「第4の発達障害」って
本当にあるのか。
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
ということについて
お話させていただきました。
 
 
 
今日は、その続きです。
 
 
 
 
これからお話することは
私の個人的な考えですので
 
不快に思う方や
不要だと思う方は
 
このまま静かに
メールを閉じてくださいね。
 
 
 
===☆===☆===☆
 
 
発達障害の診断について。
 
 
 
私個人としては
以下の3種類の考えがあります。
 
 
 
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
①適切な診断
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
医師の見立てが
お子さんの発達や困り感に
ぴったり、またはそれに近い。
 
 
だから、今できる
最大限の支援を
適切に活用することが可能。
 
 
 
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
②過小評価した診断
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
 
ある特定の秀でた面だけをみて
評価してしまい、
適切な支援につなげることが
難しくなってしまう。
 
 
「本当は必要」なのに
保護者もそれに
気づくことが難しくなってしまう。
 
 
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
③過大評価した診断
 
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□
 
 
ある特定の劣っている面だけをみて
評価してしまい、
 
「できる」のに「できない」という
判断が下されるパターン。
 
 
「障害がないのに障害」の診断を
下すこともある
 
 
 
 
 
 
===☆===☆===☆
 
 
 
②も往々にしてありますが、
 
 
実は③は個人的には結構耳にします。
 
 
 
 
 
 
どこかの医師が
公の場で言っていましたが
 
 
「診断は、お母さんの様子をみて
つけることもある」
 
 
 
そうです。
 
 
 
 
???
 
 
どういうことかしら??
 
 
 
 
 
そうお感じの方。
いらっしゃいますよね!
 
 
 
 
 
 
診断はですね、
特にママさんのメンタルに
影響があります。
 
 
 
メンタルに
良い影響を与える場合もあれば
そうでない場合ももちろんあります。
 
 
 
 
 
もしですよ。
子育て真っ最中の
ママさんのメンタルが
 
ズドーーーンと音を立てて
どん底に落ちたら・・・・
 
 
 
・・・・・
もう育児どころでは
なくなりますよね。
 
 
 
 
反対も言えます。
 
子どもの発達に心配があると
ママとしては強く感じているのに
 
診断が下らなかったら、
同じくメンタルに悪影響が出る
という人もいるのでしょう。
 
 
 
 
===☆===☆===☆
 
 
 
このように・・・
 
 
医師自身が
正しく診断できないケースも
実際に存在するのです。
 
 
 
 
ですから、
私は
「第4の発達障害」は
存在すると思ってます。
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..