子どもの発達を阻害してしまうものとは?

発達障害のペアレントトレーニングを
お伝えしていますので、
 
これまで多くのママさんに
出会ってきました。
 
 
もし、今の私が
メルマガ読者様をはじめとして
 
今までお目に掛ってきた
方々に出会えなかったら。
 
 
 
 
 
最近、そんな風に
思うことがあります。
 
 
 
もし、そうだとしたら、
昔の私に戻っていました。
 
 
 
「昔」といっても
そんな遠い昔ではなくて
 
小学校で特別支援学級の
担任をしていた頃です。
 
 
 
 
 
実は、
今でも学校に勤めているせいか
お声がけをいただけるのですが
 
正直なところ、
今は自分の信念に則って生きたいので
それはないと思います。
 
 
===☆===☆===☆
 
小学校の先生たち。
 
 
みなさん、子どもたちのために
自分を忘れてまでして
お仕事をなさっています。
 
 
 
それでも、私たち
保護者の「不満」や「心配」は
ありますが、
 
これを解決しようとすると
様々な不自由が起きてきます。
 
 
 
 
もしかすると、
私たちが先生を病に追い込む
危険もありますからね。
 
 
 
 
 
学校で何か
お子さんがトラブルに遭ったり、
 
お子さんの口から
「学校がつまらない」という
言葉がポロッと出たりすると
 
親として
心配になるのは当然です。
 
 
 
 
でもですね。
そういう時に担任の先生が
何もしてくれない訳はないんです!
 
 
 
 
だって、それが仕事ですからね♪
 
 
 
そして、
子ども同士の
ちょっとしたトラブルは
今だからこそ
必要なトラブルもあるのです。
 
 
 
 
なぜなら、
それが社会性や
コミュニケーションを
学んでいくには
必要な過程ですからね。
 
 
 
 
同年代のお子さんと
どのように付き合っていけば良いか。
 
これって、
家庭では教えることができません。
 
 
 
 
園や学校だから学べるのです。
 
 
 
 
 
今日、あなたに
お伝えしたいのは
 
 
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
その年齢に必要な
「育ち」の環境を
大人が阻害していませんか?
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
 
 
ということです。
 
 
 
 
 
ご自身の育児やご指導に
自信がなくなった時、
 
このことを考えてみてくださいね。
 
 
 
 
発達に心配があってもなくても、
人としての成長には
欠かせないことだと
私は強く思います。
 
 
 
 
そして、
お子さんが小学生になると
 
親ができることは
急に少なくなります。
 
 
 
 
それは、自然なことなのだと
我が子や他の小学生をみていて
実感します。
 
 
 
 
これまでの育児が
良い方向だったことを
裏付けていろと思っています(^^♪
 
 
 
 
 
だからですね。
 
 
やっぱり幼児期の家庭教育は
大切なのですよ。
 
 
 
「家庭教育」と書きましたが
要は「育児」ですよね。
 
 
 
 
 
 
この幼児期の育ちって
人が大人になる上で
すごく大事な時期なのだと
 
今になって(ちょっと遅いかもですがw)
ひしひしと思うのです。
 
 
 
 
 
 
年齢相応の育ちの機会。
(特にメンタル面です)
 
 
 
 
 
私たち大人が
ちゃんと確保して
いきましょうね!
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..