おうち療育は子育てそのもの〜利尻島での講演会

発達障害であっても定型発達であっても
療育を活用したおうち療育は
非常に有効だということを
お話しさせていただきました。

 

9月1日の夕方。

利尻島での「子育て講演会」に
講師として招かれ、
日頃の育児のお悩みを
解決方向へ導けるよう、
お話をしてきました。

 

当初は、15名程度の参加人数と
お伺いしていましたが、

実際は・・・・

40名を超える方々に
お集まりいただきました!

 

しかも、
保育所や小学校の先生、
保健師のみなさん、
療育センターの方々などにも
お集まりいただきました。

 

こんなにも大勢の方が
集まるとは思わなかったので

急遽、マイクを用意したり、
椅子を増やしたりと

開始時間が過ぎてもなお
準備に時間を要していました。

 

どの方も
真剣そのもので聞いていただき、

また、最初は笑顔はなかったものの、
会が進んでいくうちに
会場に笑顔がどんどん溢れていきました。

 

とってもしあわせな時間を
過ごすことができたなと
実感しています。

 

 

利尻島に住む子どもたち。

 

これから、どのような人生を
歩んでいくのかは
本当に未知の領域です。

 

しあわせいっぱいの人生を
歩んで欲しいというのは
立場を超えても
同じ思いだと思います。

 

 

金曜日の夕方開催ということで
大変短い時間ではありましたが、

この日にここに集ってくださった
皆様は、お子さんの将来を
真剣に大切に思う方々ばかりです。

 

オホーツク海に囲まれた
海の恵みが存分に注がれた島。

 

小さな孤島で
あたたかな子育てができることを
これからも応援していきたいです。

 

 

そしてそして。。。。

 

今、子育てに立ち向かっている
ママさんたちには、
子育てを通して
自分の人生をますます輝かせて欲しい。

 

そんな思いを込めて
お話をしてきました。

 

発達に心配があってもなくても
子育てには悩みがつきもの。

 

「私、こんなに怒る人じゃなかった」

そう思うのも子育てをしているから。

 

イライラしてしまうのは
ママが真剣に子育てに
向き合っている証拠です。

 

だからこそ、
私たち母親は
イライラしない方法を
自分で探す必要があると思うのです。

 

そのためには何が必要か。

 

この答えをあなたが見つければ
それで大丈夫です。

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*

講演会終了後。

会場全体が和やかな雰囲気で、
しかもママも先生方も

みなさんが笑顔に!!!

 

「10年前にこの話を聞きたかった」
「27年前にこの話を聞きたかった」

 

などなど。

そんなお声もいただきました♪

 

でも中には、
まだまだ先の見えない育児に
苦しみを抱えているママもいます。

 

「時が解決してくれる」

 

そんなふうにアドバイスすれば
心は晴れるかというと
そうではありません。

 

今すぐにでも
解決できそうな案を
お伝えしましたが、
それでも心配が私にはあります。

 

 

ママが笑顔で子育てができる。

 

こんな毎日が来るよう、
育児に悩みを抱えている
ママのサポートができればいいなと
思っております。

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..