発達障害が「軽い」から支援はいらない?

自閉症スペクトラムなどの発達障害。
 
 
一般的には・・・

 

┏           ┓
 障害の程度が軽いから
 そんなに支援は要らない
┗           ┛

 

そう考えらえています。

 

もちろん、
私だって
小学校の教師になる前まで
そう思ってました。

 

でもでも、、、

 

「それって違うな」

 

と教えれば教えるほど
感じています。

 

そして今は、
「障害の程度と
支援の必要度は比例しない」
とさえ思います。

 

比較するわけではありませんが

 

いつもいつも
こんなことを思って
指導をしています。

 

それは・・・

 

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
 
障害の程度が軽ければ軽いほど
 
「教える」のが難しい
 
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

 

ということです。

 

同じことを教えても
定着かつ持続率がことなります。

 

障害の程度が重い方が
学習の定着・持続率は高いなと思います。
 
 
障害の程度が軽いと
教材の工夫をほとんどしなくて済みますが
正しい学びをしてくれているかどうか
本当に不安になる時があります。
 
 
さらに、障害が軽めだと
私が10のうち、8しか教えてなくても
「分かった!」と言って
取り掛かってしまうことがあります。

 

そして、ABAではご法度である
誤学習をさせてしまう結果に
なってしまいます。

 

これは、
私の指導ミスであることが
明確ですよね。

 

だからこそ、
大事にしたいのは
環境整備と指示の工夫です。

 

障害の程度が軽い
お子さんこそ、
良質な学びを得るためには

 

この2つが必要ですよ!!
 
 
 
 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..