発達障害のお子さんへの叱り方

発達障害の子育てをしているママさんの中には

 

「うちの子、叱っても叱っても
通じてないみたいで・・・・」

 

という心配をなさる方もいらっしゃいます。

 

これでは、叱っても
時間も労力も無駄になってしまいます。

 

そこで、今日は・・・・

 

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★
通じない叱り方をするって
どのようなことなのか
‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

 

についてお話します。

 

大人が子どもを叱ることは
大事なことだと私は思っています。

 

でも
「叱り方」っていろいろありますし、

 

お子さんによっては
「叱られパターン」を身に付けてしまって
叱られてもその後にはケロッとしている
ケースもあるのです。

 

 

ですから、昨日のメルマガと同じように
お子さんに見合った叱り方をしないと
非常に伝わりにくいのです。

 

 

もし、あなたが
「お子さんにとって
伝わりにくい叱り方」を
しているのなら、

 

今すぐにでも
それを改めてください。

 

 

なぜなら
お子さんは何も学ぶことが
できないからです。

 

それに加えて
あなたが伝わらない叱り方をすると

 

◆お子さんの時間を無駄に拘束している
◆お子さんの身体を無意味に拘束している

 

ということにも
つながるような気がするんですよね。

 

だって、お子さんは
あなたからは
何も学ぶことができない
状況なのですから・・・。

 

お互いにとって
意味のなさない
学びができない
叱り方は、もうやめましょうね!

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..