子どもにとっての行動の価値付け

発達障害のお子さんにとって
「待つ」ということは
とっても苦手な場合があります。

それをどのようにクリアしていくか。

 

前回は・・・

○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

「待つ」という行動に

意味(価値)を付ける

○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

というお話をしましたよね。

今回は
その具体的な事例を
お知らせしますよっ!

 

では、早速いきます。

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

ケース1:ディズニーランド

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

Aさんは、10月30日に
ディズニーランドへ行く約束を
5歳のお子さんとしていました。

ところが、当日になって
お子さんが発熱!

急遽取りやめになりました。

しかし、お子さんは納得できません。

「今日、絶対に行くんだ!!」と
かんしゃくの嵐。

 

===■===■===■
今までは・・・
■===■===■===

かんしゃくが起きたら
「だっこ療法」的に
落ち着くまで抱っこしていました。

しかし、
それがだんだんできなくなってしまって
困り果てています。

 

===■===■===■
おうち療育をはじめてからは
■===■===■===

できるだけ早めに予定変更。
そしてそれを
子どもが納得するように
伝えるようにしています。

今回は
「今日は行けないけれど、
11月○日に行こうね!」という
約束をしました。

 

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

ケース2:おもちゃ

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

6歳のお子さんに
おもちゃを購入したBさん。

でも、そのおもちゃ。
運悪く不良品でした。

お店にも代替品はなく
メーカーへの
問い合わせが必要でした。

こんなアクシデント、
なかなかないので
すごく困ってしまいました。

 

===■===■===■
対応作
■===■===■===

ますは、
おもちゃが壊れていることを説明。

そして、修理すると
どのような遊びができるかも説明。

さらに、修理するかしないかを
お子さんと一緒に相談しました。

===☆===☆===☆

ケース1も
ケース2も

どちらにも共通していることは

「お子さんに分かりやすく
説明する」

ということです。

そして、代替策を
一緒に考えることを
年齢によってすることも有効ですよ♪

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..