発達障害の子どもに我慢を教えるには?

発達障害のお子さんに
「我慢」を教えるって
相当難しいですよね。

 

だからこそ、
適切な方法で教えるべきなのです。

 

 

それが・・・

 

○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o
見通しを持つことで
「待つ」ことができる
○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o

 

です。

 

 

実は、私。
特別支援教育に携わってから
使わなくなった言葉があります。

 
 

そして、
自分の育児にも
一度も使ったことがありません。

 

 

その言葉とは・・・・

 

 

我慢

 

 

という言葉です。

 

 

「我慢」ってどういうことかというと

 

「無理をして待つ」
「目的がないのに待つ」
「意味がないのに待つ」

 

ということですよね?

 

 

これって、
発達に心配のあるお子さんが
最も苦手なことなのです。

 

 

だから、何かしら我慢をさせた後には
トラブルが起こることは必然なのです。

 
 

人間、誰でも
意味のないことを
やらされることは
苦痛ですからね。。。

 
 

===☆===☆===☆

 

それでは、
我慢に変わる行動は何かを
私は考えるようになりました。

 

 

つまり、

 
 

○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o
「待つ」という行動に
意味(価値)を付ける
○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o

 
 

のです。

 

 

それが
近い未来の
「見通し」ということなのです。

 

 

ちょっと難しい話ですかね?

 

良い例がありますので
次回、それをご紹介しますね!

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

   お友だちになってくれた方限定!!    
 毎月おうち療育にお役立ちグッズをプレゼント!
友だち追加



 今すぐおうち療育の仲間になって    
 お子さんの自律を目指してみませんか?
 無料メールレッスンはこちからから登録👇

    読者様限定のプレゼントつき!! 
 Amazonランキング1位獲得の
 ママの未来が明るくなるビデオkindle本 👇

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..