なぜ発達検査を勧められるのか

発達検査を勧められたことは
ありますか??

 

園や学校の先生たちは
「検査をしてみませんか?」と
いう言い方をなさるかもしれませんね。

 

 

今日のテーマは・・・

 

゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。
先生から「検査」を勧められた。
これってどういう意図があるの?
゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。

 

です。

 

 

私は現在「教えてgoo!」でも
専門家として回答していますが
この類の質問もありますし、
去年も今頃ありました。

 

保護者の皆さんにはもちろん、
指導者の皆様にも
知っていただきたいことですので
記しますね♪

 

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■
そもそも「検査」って何?
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

 

ここでいう「検査」とは
いわゆる
「発達検査」と呼ばれるものです。

 

様々な検査がありますが、
主に実施されるのは

 

・WISC(ウイスク)
・田中ビネー
・新K式

 

と呼ばれるものです。
学齢期や就学期には
上記の2つが活用されます。
(自治体などによって異なります)

 

公的施設では
検査を実施できる人物が限られています。

 

主に
臨床心理士や
臨床発達心理士などの
有資格者です。

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■
どうして検査をするのか
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

 

お子さんの
得意なところ、
不得意なところを
客観的に知るためです。

 

それは、
先生たちが
これまでの経験からだけの
サポートでは
難しい場合があるからです。

 

検査結果を受けて
先生たちが
これからどうサポートしていけばよいかの
指標にするということが目的です。

 

保護者の方が誤解してしまう、
いわゆる

 

「うちの子に障害があると思っている?」

 

ということではありません。

 

 

より良い
保育や教育に
繋げるための手段です。

 

なぜなら、先生たちにも
お子さんに
「教育を受けさせる義務」が
あるからです。

 

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■
検査結果は絶対的なのか
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

 

決してそうではありません。

 

お子さんの体調や
その日の天候、
さらには検査環境などによって
左右されます。

 

ですから、
検査結果だけを信じて
サポートするのは避けましょう。

 

また、
検査結果の数値に
目が行ってしまいますが

</>

そうではなくて、
内容をみてくださいね。

 

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■
検査の前にしておくことは?
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■

 

はっきり言います!!

 

これは

 

「特にありません」

 

です。

 

しいて言えば
体調を万全にしておいてください。

 

 

検査の予習的なことをしている
場所もあるようですが、
これこそ検査結果に響きます。

 

適切な支援を望むのであれば
「予習」のようなことをせずに
臨んでくださいね。

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

友だち追加

 メールマガジンへのご登録はこちら☟ 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..