特別支援学級に入れない?!

ここ10年ほどで
特別支援教育へのニーズが高まってきました。


しかしながら、
行政ではまだまだ対応が
追いついていないのが現状です。




そのため、
特別支援学級に入級したくても
できないという事態が発生しています。




゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。
特別支援学級を希望しても
断られる理由
゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。




です。




少し前までは
こういうことは珍しかったのですが
今は、特に都市部では
こういうことが起こり得ます。




でもですね、
学校側は感情論として
お断りしている訳ではないので
そこをしっかりと理解してくださいね。






まず、
特別支援学級に入りづらくなってきた
理由をご説明します。




+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■


①希望する人数が増えてきた


+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■
特別支援学級は
知的障害がある児童生徒の
学びの場です。




程度でいえば
軽度から中度です。


この「中度」の人の中には
特別支援学校を希望する
保護者の方もいらっしゃいます。


そのため、
現在は特別支援学校も
定員オーバー、またはそれに近い
状況です。




そして、皆さんもご存知の通り、
特別支援教育を必要とする
児童生徒は増加傾向にあります。




つまり、
特別支援教育への
ニーズが増えているものの、
それに行政の対応が追い付いていないため、


「知的障害がない」場合は
特別支援学級への入級を
断らざるをえないのです。






+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■


②審査基準が厳しくなった


+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■
特別支援教育の「種類」や「手段」が
増えたため


いわゆる「線引き」も
厳しくなったように感じます。




教育委員会としても




・診断などがない=通常の学級
・知的障害がない=通級
・知的障害が軽め=支援学級
・知的障害が重め=支援学校


という「区分け」をしているように感じます。




===☆===☆===☆


特別支援教育が本格スタートして
もうすぐ10年になります。




日本が進むべき道は
本当に今の「特別支援教育」なのか。






正直疑問に思います。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

友だち追加

 メールマガジンへのご登録はこちら☟ 

 おうち療育等実践報告はこちら☟ 

 

 

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..