学校への不信感は未来への影響大

前回は

 

親が学校に不信感を抱いていると
お子さんも不信感を抱くようになる

 

というお話をさせていただきました。

 

何だか
とてもネガティブな感じですが
大事なことなので
目を背けないで
正直に書こうと決めました。

 

親側のことだと
思ってしまいがちですが、
そうではないことは
私がこの目で見てきたから
よーーーく分かります!!

 

 

学校への不信感を持つのは
致し方ないこともありますが、

気を付けていただきたのは
その思いを我が子にみせる
ことです。

 

 

では、
今日のテーマです。

 

゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。
学校不信により起こる
様々な不都合
゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。

 

これは、
「今すぐ」というのもありますが
ゆくゆくは「将来」にかかわることです。

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+
第一段階
担任不信になる
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+

 

これは、予想できますよね。

 

保護者が
担任を信用していないと
何かしらの素振りで
出てしまいます。

 

特に発達に心配のある
お子さんの場合は、
ここのサーチ能力が
非常に高いのです
(理由は分かりませんが…)

 

ですから、
担任を頼ることをせず、
学校で何かがあっても
自分からの発信を控えてしまう
可能性すらあります。

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+
第二段階
ボイコット
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+

 

担任を信頼しなくなったら
次はボイコットです。

 

自分にとって
理不尽なことが起こった時、
担任には訴えることをしないので
何かしらのアクションを起こします。

 

それがボイコットという形で
出てしまうのです。

 

全ての子どもには
「教育を受ける権利」があります。
それを自ら放棄するには
年齢的に早すぎます。

 

もしかしたら、
不登校の可能性も
出てきてしまいかねません。

 

+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+
第三段階
自由を得すぎる
+□+■+□+■+□+■+□+■+□+■+□+

 

保護者が

 

「学校のせいで子どもが登校できない」
「学校のせいで子どもは傷ついている」

 

などなどのクレームを言ったとします。

 

それに対して学校は
どのように対応するのでしょうか。

 

①授業や学習の負担を減らす
②無理なく登校できるように整える

 

このような感じです。

 

でも、
これにも応じることをしない場合、

 

お子さんは

 

「大人のいうことを
きかなくても大丈夫」

 

「大人は自分の思い通りに
動いてくれる」

 

と勘違いを
起こしている可能性もあります。

 

これは・・・
由々しき事態ですよ!!!

 

なぜなら、
「目上の人のいうことを
きかなくても上手く回っていく」
ということを
今ここで学習しているからです。

 

===☆===☆===☆

 

ご説明が難しかったのですが、
「最悪」の場合、
こうなってしまいます。

 

ですから、学校とは
できるだけ協力をしてくださいね。

 


….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

 

 メールマガジンへのご登録はこちら☟ 

 おうち療育等実践報告はこちら☟ 

 

 

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..