「ダメ」ではなく代替行動を教える

兄弟げんかって
厄介なことであり、
大事なことでもあります。

 

今日は、

「なぜ、
鈴木家の子どもたちは
兄弟げんかをしないのか」

ケンカをしない秘密を
教えちゃいます♪

ただし、
この方法は
一朝一夕で
身に付けられるものでは
ありません。

あしからず~。


「10分間おうち療育」の最新情報をお届けしております👆

なぜ
兄妹が4年間で
1度もケンカをしたことがないのか。

その秘密は、
妹が生まれる前からの
育児にあります。

「え?
じゃあ、もう私には無理かも??」

そうやって
諦めちゃうのは
もったいないです。

まずは、
続きを読んでくださいね!

実施するかしないかは
読んでからでも遅くないですよ!

===☆===☆===☆

活用したのは
応用行動分析です。

そのうちの
どれを活用したかというと

◆=:::=☆=::=◆

困った行動は

代替行動に

置きかえる

◆=:::=☆=::=◆

ということです。

これにプラスして

「幼い子どもが
ケンカをする原因は何か」

を考えました。

 

多くの場合、
同じおもちゃを
使いたい時ですよね!

同じおもちゃを使いたい時って

①一緒に遊ぶ
②譲る(自分は使えない)
③勝ち取る(相手は使えない)

という3種類の結果になります。

私は

①は難易度が高い
②と③は良い結果を生まない

と考えていました。

だから、息子には
①も、②も、③も
全て手に入る方法を教えました。

結局どういうことなのか
というと・・・

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

相手「おもちゃを貸して」

息子「いいよ」
→と言っておもちゃを貸す

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

ということです。

「あれ?

それって②ですよね??」

一見②ですよね?

だから、傍から見れば

「〇〇くん(息子)は、
すごく優しい子だね」

となります!

↑↑↑↑
ハイ、ここは「ほめられ育児」の
ポイントですよ!!

この一見すると②ですが、
息子本人にも
当然利益があります。

それは・・

◆=:::=☆=:::=◆

今遊んでいるおもちゃを貸す
👇
他のおもちゃで遊ぶ(代替行動)

◆=:::=☆=:::=◆

これです!!!

応用行動分析の

「代替行動を教える」

ということになります!

結構簡単ですよね?

もっと簡単に言えば
「気持ちの切り替え」です。

気持ちの切り替え方を
教えてあげたにすぎません。

これを、息子には
たくさん教えてきました。

だから、妹だけでなく
友達ともケンカしません。

今では、友達や妹に対して
私が教えてきたことと同じことを
活用できているからです。

いうなれば、
自分で妥協案を出すのが
大変上手になったのです。

これって、
大人になってからも
必要なスキルですよね?

なぜなら、
お互い、同じ心のレベルで
納得できるからです。

 

 


 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業