「みんなと同じ」を諦めている?

小学校で実際にあったことを
お話させていただきます。

6月末から半日だけ
中学年のお子さんのサポート役として
とある小学校で仕事をしています。

7月から気にかけていた
さち(仮名)さん。

担任の先生から
詳細を伺った訳ではないのですが、

「板書ができない」

ということは明らかでした。

そこで、
昨日は
さちさんのサポートを試みました。

私 ➡「見て書くのが苦手なの?」

さちさん➡「うん」

私 ➡「じゃあ、読んであげるから
書いてね」

そんな小さな会話をして、
サポートに入りました。

すると・・・
さちさんの困難が
もっともっと明らかになりました。

━━…━━…━━…━━…━━…

〇板書が難しい

〇教科書などの
手元の文字の書き写しも難しい

〇耳で聞いて記憶できるのは1文字

〇文字を思い興すまで時間がかかる

〇「は・へ・を」の使い分けの困難

〇音読が難しい

━━…━━…━━…━━…━━…

わずか1分間に
これだけの困難を
見つけられました。


「10分間おうち療育」の最新情報をお届けしております👆

サポートをはじめて
5分ほど経過した時に
さちさんが

「みんなに追いつく?」

と私に質問してきました。

察しが悪い私。
一瞬、何を言っているのか
分かりませんでした。

でも、次の瞬間、

「ノートに書くことが
みんなと同じようにできる?」

ということを
質問されているのだと
分かりました。

さちさん、
いつもいつも
ここで辛い思いを抱えているんだな
と思いました。

みんなと同じように学びたいのに
それが今のさちさんには
大変難しいこと。

だから、
それを一人でひっそりと
諦めていたこと。

さちさんの気持ちを察すると
とても切ない気持ちになりました。

===☆===☆===☆

今の特別支援教育では
さちさんのように
「勉強ができない」というだけの
お子さんへのサポートが
最も不足しています。

「それなら、担任の先生が
もっとサポートすれば?」

とお考えの方も
いらっしゃるでしょう。

確かにそうなのですが、
実は担任の先生たちは
限界を超えて働いています。

そのため、
なかなか思うように
サポートができてない
というのが現状でしょう。

担任の先生たちも
もどかしい気持ちで
いっぱいなのです。

 

実際に、さちさんの担任の先生は
とても熱心な素晴らしい先生です。

===☆===☆===☆

さちさんの

「みんなに追いつく?」

という一言。

氷の刃が
私の胸を突きさしたような
そんな痛みが
今でも残っています。

まだまだ
私ができることはあるなと
思いました。

辛い思いを抱えている
お子さんとママさんのために
邁進します。

 

 


 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業