強化子の順位付け

ABC分析の「C」には
「望ましい結果」になるということが
重要な役割を果たします。
さて、今日は
「望ましいものの順位付け」
です。

 

 


「10分間おうち療育」の最新情報をお届けしております👆

 

 

ところで、
この
「望ましいもの」
ですが、

応用行動分析では
「強化子(きょうかし)」
といいます。

さらに付け足すと
強化子を活用して
行動を増やすことを
「強化する」
といいます。

◆=:::☆:::=◆=:::☆

強化する⇒行動を増やす

強化子⇒強化に必要な手段

◆=:::☆:::=◆=:::☆

応用行動分析の指導では、
お子さんに何かを教える際に
この強化子を活用します。

強化子は

もの(お菓子・おもちゃなど)
言葉(よくできました・頑張ったねなど)
身体接触(くすぐり・頭をなでるなど)

があります。

注意すべきところは
必ず言葉を添えることです。

なぜなら、私たちって
言葉でコミュニケーションを図ることが
圧倒的に多いですからね!

次に、
「強化子の順位」について
考えますよ(ง°`ロ°)งよっしゃぁぁ‼

「好きなものなら
何でもよい」
というのは間違いです。(φ・д・`*)

私たちは
好きなものにも
順位付けしていますよね。

例えば
「季節で一番何が好き?」
と訊かれると

自然に
「一番は秋で、2番が冬で・・・」
と順位付けしています。
う~んん、不思議♪

これと同じことが強化子にも
言えるのです。

もし、
あづみさんが
強化子を活用して
お子さんに教える時には

この
強化子の順位を
有効活用してみてくださいね。

おうち療育でも
そうでなくても
すごく有効ですよ!!!

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業