学校では「お金」は教えない

「お金」を学ぶ機会。
実は家庭に任されていることを知っていましたか?

非常に大切な学びですし
私たちの毎日の生活に必ず必要になるもの。
でも、子どもたちは義務教育で学ぶことがないのです。

 

「学校で学ぶことがない」

 

これでは、
特に発達に心配のあるお子さんの場合、
大変困ります。

 

なぜなら、保護者の方だけでは
教え切れないこともあるからです。

 

学校の先生を含めて
「専門家」と呼ばれる人々の力を借りること。
これが必要だと個人的には思います。

 

ですから、私は小学校で必ず教えていました。

 

まずは、硬貨からです。
どれが何円硬貨なのかが
分からないのでそこから教えます。

 

でも・・・

 

これが
なかなか難しいのです。

 

その理由は、
硬貨一つひとつの違いに
自然に気づくというのが難しいのです。

 

もし、あなたなら、
何を手掛かりに硬貨の違いを
教えますか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

 

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

 

はい!
そろそろ良いですかね。

 

 

あなたの答えは何でしたか?

 

色?
手で触った感覚?
大きさ?
形状?

 

いろいろありますが、
私は、
硬貨の裏側の数字を活用して
指導します。

 

理由は簡単です。
実際に使用する際に
役立つからです。

(もし、色で教えてしまったら
10円硬貨なんて新品なものと古いものでは
色が違ってしまうので、混乱を招くことになります。)

 

 

ところで、この教え方ですと
困ることが1つ出てきます。

 

それは・・・

 

5円硬貨です。

 

 

 

裏にも表にも

数字がない

のです。

 

でも、それは幸いかもしれません。
「平成○年」の表記が数字だったら
それはそれで混乱を招きますもんね。

 

 

・・・ということで、
5円硬貨だけは、
色と形で教えます。

 

でもですね、
過去に50円硬貨と5円硬貨の識別、

つまり
色の違いが分からないお子さんもいました。

 

 

その時は、どうしたのか…

いや、そのような場合、
あなたならどうしますか??

 

次のブログまでに考えておいてくださいね。

 

 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業