就学準備・進学準備

そろそろ・・・
小学校では
「個人面談」が終わる時期。

 

さらに、
年長組のお子さんは
「就学時健康診断」が
終わる時期です。

 

この2つのことは
元教師の私にとってみれば
「いよいよ進級・就学だな」
という感じです。

 

つまり、
どういうことかというと、

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:

 

2学期後半に

 

進級・就学の準備を

 

学校側は進めている

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:

 

ということなのです。

 

 

皆さんにとっては
気が早い感があるでしょう。

 

でも、
学校って
これくらい丁寧かつ慎重に
準備を進めているのです。

 

そう考えると、
保護者側としても

 

そして
療育などの指導員としても

 

そのような心づもりをする
必要があります。

 

指導員の方は、
保護者の方から
「学校の先生からこうお話がありました」
という内容で相談がくるかもしれません。

 

もし、
おおよそ予想がつくのでしたら
相談が来ても来なくても
事業所でどう対応すればよいかを
話し合っておくとよいです♪

 

そして、
保護者の皆さんは
面談後にもう一度
担任の先生と話し合いの機会を
持った方が良い場合があります。

 

そうですね。
個人差はありますが、
時期としては1月が良いでしょう。

 

2月3月は、新年度の準備などで
学校自体が忙しくなります。

 

ですから、
できるだけ年内に
ご自身のお考えをまとめておき
そして1月に再度面談という
流れが望ましいと思います。

 

お子さんの
より良い学びのために
何ができるのかを
学校とチームになりましょう!


鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業