失敗するのが「超」苦手なのはどうして?

誰にでもある「失敗」
これを教訓として次に生かすことは

非常に大切です。

でも、中には

「できるだけ失敗を遠ざけたい場合」
というのも世の中にはあるのです。
%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
今回は
「失敗が超苦手!!」
ということについて
考えてみます☆彡発達に心配があっても
そうでなくても失敗することで
ひどく落ちてしまう
お子さんは結構いるんです。

あなたは、
その理由は分かりますか??

ちょっと考えてみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・
・・

はいっ!
ここまで。

 
どのようにお考えになりましたか?

失敗体験がないから?

自信がないから??

セルフエスティーム(自尊心)が

低いから?

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
確かにそうかもしれません。

「かもしれない」と言ったのは
視覚化されっていないので
本当のところは分からないからです。

ただ、
一つだけ
確実なことがあります。

それは・・・
↓↓↓↓↓

このように考えていたら
何も進歩はないんですよね。

それって
親としても
支援者・指導者としても
残念なことだと思うのです。

とくに、
知的障害がない
または
軽度なお子さんの場合は
深刻です。

なぜなら、
周囲のことも
自分のことも
分かっているので
自己評価ができてしまうからです。

そのため、
失敗をしてしまうと
自己肯定感や
セルフエスティームが
下がる可能性もあるのです。

・・・・・。
ということで。

ママもパパも
支援者も
指導者も
そして私も。

お子さんの
真剣なサポーターである私たち。

◆―――◆―――◆

そんな私たちだから
できることがありますよ♪

◆―――◆―――◆

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業