10分間おうち療育を作った理由

ABAの療育といえば、
週40時間が推奨されています。

そのため、
「10分間おうち療育」という言葉に
違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

私がどうして
「10分間おうち療育」を作ったのかというと

□□□□□□□□□□□□□□□□
自宅で簡単にできる療育的な育児を
皆さんにお届けして
一生活用できるものにしてほしいから
□□□□□□□□□□□□□□□□

ということです。

理由は

①小学生以降は療育が絶れてしまう
②ずっと関わっていくのは保護者
③一生活用できる手法を身に付けて
お子さんの自律に役立てて欲しい

という3点です。

私のおうち療育を始める前の
保護者様の不安をご紹介しますね。

「今まで自分で療育をしことがない。
だからできるかどうか不安」

「自分が子どもに教えるなんて
考えこともなかっ

そんなぁ。。。
大丈夫です。

だって、皆さんは、
あの大変な赤ちゃん時代の育児から
ずっと今まで「育児」をしてきのですから。

そして、お子さんちは
それぞれ立派に育っていますから。

「育てにくい子」と言われるのに
これまで大事に育児なさってき

それを忘れてはいけません!!
むしろ誇るべきことですよ!!!

なぜなら、
定型発達のお子さんちは
昔の方が言うように
「子どもは放っておいても育つ」

つまり、自発的に学んでいくので
保護者の方自身が
子どもを教える機会を失っているのです。

でも、
あなたは
これまでほとんどすべてのことに置いて
お子さんにあれこれ教えてきましよね?

「何でこういうことも分からないの?」
「同じことを何度も言ってる」

と思いながら
悪戦苦闘していわけじゃないですか!!

それを
「悪戦苦闘」にしないのが
おうち療育です。

もしかしら、
支援者の方も
「悪戦苦闘」しているかもしれませんね。

それも同じように
悪戦苦闘から解放されるのが
私の療育方法です。

 

 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業