「丁度良い」を教える

お子さんがお手伝いをする時、
特に初めての場合だと
いろいろなことに気をつかいますよね。

 

 

 

 

 

普段の生活で

「お水を汲んできて」
「ごはんをおちゃわんに盛って」
「ハンドソープを使って」

などなどの場面があります。

大人としては
「丁度良い量」を想定しているのに
お子さんが手にしているのは
大人の想定外の量!!!

このようなことが
特別支援学級では日常茶飯事でした。

でも、
これを「日常」として考えて
「仕方ないよね、〇〇さんだから」
としてしまうのは筋違いだと思うのです。

そのため、
例えば、
植物への水やりをお子さんに頼む時、
じょうろに入れる水の量を予め伝えていました。

これでお互いの
「丁度良い」量の共有ができていました。

この共有を数日続けていると
いつの日か
「水やりをしてね」という声掛けだけで
済むようになるのです。

これは、
お子さんの自信にもつながりますし、
自律した行動を引き出すことにもなります。

そして、何より
人としての信頼関係の構築にもつながります。

「この先生は、私に分かりやすく教えてくれる」
「この先生の教え方は分かりやすい」

だからこそ、
子どもに指示が通りやすくなるのです。

お子さんを叱ることも時には必要です。

でも、その前にできることがあるはずです。

それは…

◆―――◆―――◆

そのお子さんにとって
分かりやすい方法で教える

そして、
お子さんが活用できるように
サポートする

◆―――◆―――◆

療育の
「教える」は

「身に付ける」

ということだと思っております。

 

 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業