人の幸せから未来の幸せを考える

発達に心配があってもなくても
幸せに生きる権利は誰にでもありますよね。
すごく突然ですが、質問です。あなたは、
人間の幸せは何だと思いますか?平和なこと??平凡なこと??

一攫千金??

何だかいろいろ出てきますよね?

それとも、

一つも出てこなくて
悩んでしまいますか?

実は
私も「何も出てこない」人でした。

でも、特別支援学級の担任になって
だいぶ先輩の先生(上司)の指導法から
それが見えてきたのです。

それは

◆―――◆―――◆

自分で選んで
自分で決めて
自分で実行する

◆―――◆―――◆

ということです。

発達に心配のあるお子さんの中には
「自分で決める」ということが
難しいお子さんもいらっしゃいます。
そのような場合、
「自分の意思で選択決定する」
ということから教えていきます。すると、
徐々に自分で選択決定することに対して
価値を持つようになっていくのです。自分で選んだことを
誰にも邪魔されずに決定できる。

これこそ、
幸せに生きるために必要な
スキルではないかと思うのです。

自分で選択決定できないということは
何でも他人から与えられて生きている
ということと等しいと思います。

この自己選択決定の機会は
できるだけ幼いうちから身に付けさせましょう。

「わがまま」といって芽を摘むことは
時には必要かもしれません。

でも、お子さんの将来の幸せに

◆―――◆―――◆

自分で選んで
自分で決めて
自分で実行する

◆―――◆―――◆

という3つのことこそ
必要なスキルなのです。

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業