療育の秘密、ここにあり!

今の療育だけでは心配。
だからこそ「おうち療育」をはじめませんか?

 

私の療育の秘密は、
私の経歴に潜んでいるのかもしれませんが、
それではあづみさんが有効活用できません。

ですから、私が歩んできた道は除外します!!

では、
私の療育の秘密を教えます。

それは
・・・・
・・・
・・

◆――◆――◆――◆――◆

TEACCHプログラム

応用行動分析(ABA)

◆――◆――◆――◆――◆

です。

もしかしたら、
みなさん、ご存知だったかも知れませんね。

TEACCHプログラムと
応用行動分析は
似ていますが
ちょっと?いや、だいぶ違います。

今回は、TEACCHプログラムと
私の療育についてお話しさせていただきます。

TEACCHプログラムは
「ティーチプログラム」
と読みます。

よく言われるのが
「ネットで調べても良く分からない」
ということです。

それもそのはず。
「プログラム」という言葉があるため、
「何か決まりきったトレーニング方法があるのよね?」
という考えに陥りがちです。

TEACCHプログラム自体は
カチッとしたメニューが組まれているのではなく
たった一つの理念に基づいて実施されているのです。
そこから派生した7つの理念があります。

そのため、ネットなどで調べると
様々な内容が出てくるのに
特定のプログラムは出てこないのです。

TEACCHプログラムの理念とは何か。

◆―――◆―――◆―――◆

自閉症の人が
自閉症を持ちながら
自閉症のまま
幸せに生きる

◆―――◆―――◆―――◆

TEACCHプログラムは、
もともと自閉症の方のためのプログラムです。

上記の言葉は、
TEACCHプログラムの伝道師と言われる
佐々木正美先生のお言葉です。

私は佐々木正美先生のように
TEACCHプログラムに対して
そこまで熱心ではありません。

でも、この理念には賛成です。

ただ、私の場合、
自閉症の方だけではなく、
誰もが自分らしく幸せに生きてほしい。
そして、そのお手伝いをしたい。

ここが私の礎です。

つまり、
私の療育の秘密の一つ目
「TEACCHプログラム」は
私の療育の元です。

ABAだけでは私の療育は活きないのです。

私の療育は、
お子さんと家族がいてこそ成り立つもの。

そして、
お子さんと家族が困っているから必要なもの。

これがTEACCHプログラム理念を
基にした私の療育です。

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
それじゃ、何でABAも必要なの???

はい。
それは次回に続きます♪