「ちょっと心配」と先生が感じでいる子どもへの支援が不足している実態

保育園や幼稚園で担任の先生からみると
「ちょっと心配だな」
と感じるお子さんもいると思います。

しかし、
この「ちょっと」というところが邪魔をして
保護者に伝えるチャンスを逃したり、
あえて伝えなかったりする先生方も
いらっしゃることだと思います。

 

でも、
それは責めるべきことではなく、
子ども一人ひとりの発達する力の
可能性を先生方が信じて、

そのお子さんのペースを
しっかりと守てくれている証拠です。

 

しかし、
中には「ちょっと」がちょっとでない場合もあります。

 

「ちょっと」が1だとしたら
1.5くらいの心配度の場合です。

 

この場合、
子ども発達センター等の公的施設で
相談事業を受けることはできても、

「直接支援」といって
そのお子さんに何かしらのサポートが
得られる可能性は非常に低いと言えます。

 

つまり、
福祉的サービスは不要だけれど
教育的サポートが必要な場合、
療育を受ける機会にすら
巡り逢えないk脳性が非常に高いのです。

 

「相談事業」というのは
あくまでも保護者と心理士との面談または相談です。

 

そのため、
発達に心配があると保護者が言われても、
子どもに直接何をすれば良いかということがぼやけてしまいがちです。

 

「センターの先生はこう言ってたけれど、
うちの子には当てはまらないかも…。」

という事態が十分に起こり得ます。

 

 

就学前に気づいていながらも
子どもに直接できる支援がない、
ということは非常にもったいないことだと思います。

 

そして、
このように心配がある子どもたちは
やはり小学校へ行ってからも
「心配な子ども」のままになることが多いのです。
この現状に何かしらのサポートがあれば、
お子さんはもちろん、
保護者の方もより安心して
育児に向かうことができると思っております。

 

 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業