こどもの日に新聞に掲載していただきました 

みなさん、こんにちは。
20年で400名以上のお子さんの指導をしてきました鈴木あづみです。

昨日、5月5日に私のありあんちでの活動を東京新聞の記者の方が掲載してくだいました!
本当はもう少し早目の掲載予定でしたが、こどもの日に掲載させていただけたことは本当に奇跡というか何というか、心の底から嬉しく思いました。
以下の画像が掲載された記事です。

新聞記者の方が執筆する文章はまとまりがあって分かりやすいと感心してしまいました。
およそ1時間の取材でしたが、こんなに簡潔にまとめることができるなんて、本当に素晴らしい才能です。

まだまだ「療育」という言葉が一般的でないことがこの1年でよく分かりました。
「知る人ぞ知る」という状況を少しでも打開するためにも今回の新聞掲載が役立つことができれば幸いです。

新聞には療育は「治療」と「保育」とありましたが、正式には「教育」となっています。
でも、私がありあんちでしていることは、療育とか教育とか保育とか、そんなことは関係のないことです。
目の前にいるお子さんとご家族が今困っていることや将来的に困ることになるであろう事象をできるだけ解決方向に結びつけるだけです。
障害があってもなくても、発達に心配を感じるのであれば、その心配がなくなるまでサポートをしていくことが私のなすべきことだと思っています。

時間はかかる場合のありますが、時間をかけたぶんだけ後々に生きてくるし、根が深い定着に繋がります。
焦らず、目の前にあるできることを拾い集めること。
これが私の指導の根源です。

現在募集中のイベント

ありあんちにお通いいただいていなくてもご参加できます。

【ありあんち学習会】
「これができればいいのに!」というご意見を参加者の方から集めて、それについてお子さんにどのように教えればよいかを一緒に考えます。
みんなで知恵を出し合って、より多くの工夫を知識として持ち帰りましょう。
なお、このイベントは、6月に実施するお子さん向けのイベントとタイアップしております。こちらで出た「これができればいいのに!」を私がお子さんに指導いたします。

  • 日時:平成28年5月22日(日) 14:00-16:00
  • 場所:新小岩北地区センター
  • 料金:1500円(うち500円を熊本県の大震災に支援金として寄付させていただきます)
  • お子様の保育はございません

【年長組さんのお子さん限定の就学活動に関するモニター募集】
現在、ありあんちでは、年長組のお子さん向けに就学活動をサポートする事業を新規に立ち上げております。
お子さんの就学とママさんの就学活動を就学後までサポートする内容になっております。
以下は、主なスケジュールです。
年間スケジュール

こちらは4月スタートになっていますが、いつスタートしても大丈夫です。
詳細をお知りになりたい方は是非お問い合わせください。
arianchi15@gmail.com
050‐5582‐1757

ありあんちをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち

  • 葛飾区内はもちろん、近隣の江戸川区・墨田区からも通塾可能
  • 保護者の一緒に作る療育だからお子さんの「できた」が増える
  • 応用行動分析を活かした指導法
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 育児や学校、お子様の発達に関するご相談は全国対応
  • 学校やクラスに行けないお子さんのための学びの場の提供
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育