「小学生気分でお勉強☆」土曜クラス最終回のご報告

みなさん、こんにちは。

ご報告が遅れましたが、3月19日に遅れましたお勉強☆の土曜クラスは最終回を迎えました。
これで解散、というのがもったいないくらいの集団でしたが、その力を持って是非とも小学校で活躍…というより自分らしく過ごして欲しいです。

さて、この日の日程は以下の通りでした。

DSC_0201

最終回でしたので、またさらに学校のような内容に近づけました。

1時間目ーさんすうの内容

DSC_0203

今回のポイントは以下の通りです。

  • 全員一斉に数唱する(声を合わせる・継続して声を出す)
  • プリント学習で自習のスタイルを体験する
  • 友達は何をしていても、自分のやるべきことをする
  • プリントができたら先生に見せに行く(先生のところへ持っていく)
  • 先生に見せる際並ぶ
  • プリントで修正箇所があれば、訂正をして再度先生に見せる
  • 静かに学習したり待っている列に並んだりする

この全ての説明は、言葉だけでは子どもたちには不足してしまいます。
そのため、学習を始める前に実演をして、より視覚的な説明にしました。それを踏まえた上で実践することで、子どもたちの身体が覚えていきます。

プリントへの取り組み方が分からなかったら「先生、分かりません」「先生、教えてください」と自発的にいうことができるようになりました!このような素晴らしいことがこの4回のうちに身に付くとは、本当にうれしい限りです。

2時間目―こくごの内容

以前実施したことの復習も踏まえての指導をしました。

  • 挙手の仕方の確認
  • 指名されてからの流れ:指名される→「はい」という返事→起立する→発表する→着席する
  • 指名されなかった時は静かに手を下げる
  • 友達の発表を聞いて、同じ意見だったら「同じです」と言う

以上のことを着実に身に付けるために、簡単なイラストクイズを実施しました。
ここで大事にしていることはクイズの難易度ではなく、先ほど列挙したことです。
「発言」「発表」の際のフォームを正確に身に付けてほしいと思っていたのでこのようにしました。

どのお子さんも約束事を思い出してしっかりと取り組むことができていました。
ただ、指名されて返事をする機会が今でも多く持つことができていないため、指名されても返事を忘れてしまうお子さんが多かったです。
これも回数をこなせばできるようになるので、是非、小学校へ行って身につけてもらいたいなという期待を持っております。

 

土曜クラスのまとめブログはこちらから

ありあんちをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち

  • 葛飾区内はもちろん、近隣の江戸川区・墨田区からも通塾可能
  • オーダーメイドの指導だからお子さんの「できた」が増える
  • 応用行動分析を活かした指導法
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 育児や学校、お子様の発達に関するご相談は全国対応
  • 学校やクラスに行けないお子さんのための学びの場の提供
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育