自分の名前を呼ばれても返事ができなかった小学生が3日間で返事ができるようになった

みなさん、こんにちは。
今回は去年の今頃を思い出して執筆してみます。

ありあんちは去年の3月にオープンしましたが、最初の生徒さんは自分の名前を呼ばれても返事をしない小学2年生のお子さんでした。
正確に言えば、そのお子さんは言葉がまだ出ないので「ハイ!」という声に出しての返事は今でも難しいのですが、聴覚には障害がないため、私たちが話していることはしっかりと聞こえています。

初回の指導から「◯◯◯◯さん」と呼んで手を挙げることを個別指導の内容の一つに組み込みました。
胸の高さで片手でタッチをして、呼名をしてそれからその手の形(2人で手を合わせている形)をキープしながら上に持ち上げていく動作をしました。
手を上げ続けることが、そのお子さんにとっての返事です。

タッチの位置をだんだん高い場所へ移しそれをキープする練習、呼名されたら手を上の方まで持っていく練習、そのまま自分で手を上げ続ける練習などを重ねました。
すると、何と3回の指導(3日間)の指導で呼名前されて手を挙げることができるようになったのです。
3日間でできるようになるなんて、本当に素晴らしと思いました。

言葉で「ハイ」と言えなくても、呼名されたら何かアクションを起こすことで表現できたり応じたりすることができることは、言葉を使って素晴らしいと思います。

次はこちらがおススメです

ありあんちをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち

  • 葛飾区内はもちろん、近隣の江戸川区・墨田区からも通塾可能
  • オーダーメイドの指導だからお子さんの「できた」が増える
  • 応用行動分析を活かした指導法
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 育児や学校、お子様の発達に関するご相談は全国対応
  • 学校やクラスに行けないお子さんのための学びの場の提供
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育