ABAによる家庭療育に進む前に注意したいこと

療育にも様々なスタイルがあります。
今回は、家庭療育について見ていきましょう。

 

私は、開業する前、
およそ1年ほど民間の療育機関で働いていました。
そこは、最近注目されている家庭療育を推進しており、
そのプログラムがメインでした。
(それでも児童発達支援事業所として登録できるようです)
「家庭療育」といっても様々だとは思いますが、
私が仕事をしていた事業所は
応用行動分析(ABA)による療育が実施されていました。
私が自分の療育にABAを取り入れているのは、
教師時代に培ったスキルはもちろんのこと、
この事業所で学んだことも活かされています。

%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

 

 

さて、家庭療育を始めようとお考えの
ママさん、パパさんの志は
非常に高くて素晴らしいものだと思います。
家庭療育では「つみきの会」というところが有名で、
段階に応じたプログラムも組まれているので
取り組みやすいのではないかと思います。
ただ、家庭療育とは
そもそもどのようなことをすれば良いのか
分からないというママさん、パパさんも
中にはいらっしゃいます。

 

私が勤めていた事業所には
そのような悩みを抱えている保護者の方が
ご利用なさってましたし、
今でもそのような事業展開をしております。

 

応用行動分析を活用した
家庭療育を受けて大人になった方の中には、
その家庭療育自体が
トラウマになってしまっている事実があると
以前どこかでお話しさせていただきましたが、

実はもっと幼いうちから
弊害が出ているお子さんもいるように感じます。

 

 

私の療育は
2歳6か月のお子様から
ご利用いただけることになっております。

 

それは、お子さんの自然な発達の可能性を
療育によって阻害したくないからです。

ABAによる療育は、
1日あたり5~6時間ほど、週に40時間が推奨されています。

その時間を確保する大変さもありますが、
この時間を子どもの自然な育ちの時間に
充てることが私は大切だとも思っています。

 

3歳に満たない子どもが
ひらがなはもちろん、カタカナを読むことができると
周囲の大人は「すごい!」と褒めますが、
果たしてそうでしょうか。

そのお子さんが文字に対して
非常に強い興味関心を持っているのであれば
頷けるのですが、

そうでない場合
「この子は今までの時期にしか育たないことを
取りこぼしていないだろうか」
と私なら心配になってしまいます。

 

応用行動分析の有効性は、
私も身に染みて分かっているつもりです。
ただ、
療育を始める時期や内容については
私たち専門家が
正しく見定める必要があるなと思います。

 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業