小学生になると個別指導の療育を受けられる場所がなくなる絶対的危機

みなさん、こんにちは。
今回は私はありあんちを開業した最も大きな理由を書かせていただきました。教育や学習塾などでは学ぶことができないことを療育で学ぶはずです。それなのに小学生になってから療育の重要性に気づいた時には時すでに遅し、という現状を何とかしたという思いが私にはあります。

「療育=未就学」という現実

公的機関では「療育」を受けることができるのは未就学の時期である場合がほとんどです。あとは保護者の相談のみになってしまい、保護者の方がお子さんへの療育の必要性を感じてもその場がほとんどありません。それは、小学校になると「特別支援教育」を受けることができるから、という理由ですが通常の学級や特別支援学級に通っていても「療育」を受けることはできません。

「療育」という言葉に出逢えずに苦しんでいる保護者もいる事実

入学してから「うちの子、他の子についていけていない」と気づいて担任に相談をしても、学校でできることはスクールカウンセラーの介入、巡回指導、通級による指導などと限られてしまいます。ここに「療育」という選択肢がないことにお気づきでしょう。特別支援教育が浸透しているというのに、世の中には療育を知らない校長先生も実際にいるのです。
そして小学生になってから受けられる「療育」もあるのですが、たいていは集団での「療育」ですし、そのクオリティは玉石混交だそうです。個別で、しかも療育的なことが必要だと保護者か感じても「療育」という言葉にさえ出逢えずに終わってしまう可能性もあるはずです。

個別療育で伸びる子はたくさんいる

早期療育が良しとされていますが、未就学の時だけ療育をすれば良い、というものではありません。療育が必要だと保護者の方が感じている全てのお子さんに療育がなされるべきだと私は思っています。「熱心すぎる」と保護者を心配する声もあるのも事実ですが、保護者が我が子の将来を真剣に案じているから熱心にならざるを得ないのです。そして、小学生から療育を始めたお子さんもしっかりと能力を伸ばすことができています。特に中学年くらいですと「今まで眠っていた能力が花開く」という結果になることもあるのです。

 

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….

 

 事業内容 

  • 10分間おうち療育(保護者向け)
  • 小学生までの個別療育(お子様・保護者様向け)
  • 研修事業等

 

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..