元教師が編集した教育目線のサポートブックで先生たちに伝えよう

「サポートブック」とは、
お子さんが新しい環境へ入る際に有効になる
お子さんの学びスタイルを
お伝えするものです。

私は「学校の先生」をしていた頃に
「サポートブック」というものを
目にしたことが何度かあります。

 

貴重な資料であることは分かっていたのですが、
読む暇があっても
熟読する時間を取ることができない、
というのが4月の現状です。

 
担任するクラスが決まってから
子どもたちの情報を得つつ、
始業式を迎えることができる準備をしつつ、
新1年生のために入学式の準備をしつつ、

同じ学年の先生との
コミュニケーションを0から作りつつ、
新年度の学校経営の在り方を
確認しつつ…

などなど。これを4月1日から5日までの間に行います。

 

自分のクラスを準備する前に
山のような仕事をこなして
ようやく自分のクラスのことができます。

4月1日から5日の間に
土日が入ってしまうと
気づけば5日の夕方になっている
ということもありました。

 

教師にとって4月は非常に多忙な時期です。

新年度のスタートで必要なことは
まずは学級体制を整えることです。

「持ちあがり」と言って
昨年度と同じ担任でしたら、

ある程度は慌ただしさなく
新学年をスタートさせることはできますが、

それでも子どもは成長していますし、
一つ上の学年になったということで
気を引き締めることも重要です。

 

まずは、
お子さん一人ひとりへの配慮よりも

全体をどうやってまとめていくか
ということに意識が行ってしまいます。

なぜなら、
クラスが落ち着いてこそ、
良い学びの環境を子どもたちに
提供することができるからです。

クラスが落ち着いてから
一人ひとりの子どもについて
今まで以上に丁寧に接していきます。

 

そんな忙しい先生だからこそ、
先生にとって読みやすい
サポートブックの作成が必要だと思い、
ようやくフォームが出来上がってきました。

サポートブック 試作品

学校の先生は、私たちと異なり教科を基本にしています。

そのため、
どの教科でどのような配慮が必要なのか
ということのポイントを伝えることこそ、
先生にとって役立つツールになりうるのです。

 

「ポイント」と記したのは、
長々とした文章をサポートブックに書くと
読むだけで大変だからです。

さらに長い文章だと
後で見返した時にも見づらい
という欠点があります。

 

パッと見て分かるくらい
簡潔なものこそ、

先生方が活用しやすい形の
サポートブックなのだと思います。

 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

 

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業