行動を教えるために必要な「課題分析」とは?

応用行動分析の療育に欠かせないのが「課題分析」です。

今回は「課題分析」についてお話しさせていただきます。

%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

 

課題分析とは、
ある行動に
どのような行為や行動が含まれているか
細かく見ていくことです。
言葉だけでは難しいので
「手を洗う」
という行動について課題分析をしてみましょう。

①水道がある場所へ行く
②長袖を着用の場合、袖をまくる
③蛇口をひねる
④手を濡らす
⑤石鹸をつける
⑥石鹸で手を洗う
⑦石鹸を水で流す
⑧蛇口を止める
⑨濡れた手を拭く
⑩袖を伸ばす

 

私たちが何気なくしている
「手を洗う」という一つの行動でも
このように細かく見ていけば
多くの行動が連なっています。
しかも、
例えば⑥の石鹸で手を洗うという行動の中にも
たくさんの行動の連続が隠されています。

 

「課題分析」という名称は難しい感じがしますが、
日頃自分でしている行動連鎖を一つずつにすれば良いのです。

 

それも難しければ付箋に行動を書き出します。

書き出したら順に並べてみます。

足りなかったらまた書き出して、多かったら減らせば良いことです。

 

鈴木あづみをもう少し知りたい方向けコンテンツ

個別療育塾ありあんち_事業内容

  • 応用行動分析を活かした個別指導による療育
  • TEACCHプログラムの理念を大切にした療育
  • 現役の教師が展開するお子さんと家族のための個別療育
  • 10分間おうち療育かんたんレッスン
  • 指導者向け研修事業