個別療育塾ありあんち

あえて児童発達支援事業でない療育を展開します

175760[1]児童発達支援や放課後等デイサービスなど、国や地方自治体から補助を得られる児童発達支援事業所を利用する際に必要になってくるのが「通所受給者証」です。取得するには自治体の審査が必要になりますが、結果が出るまで1ヶ月ほどもかかります。さらに取得することで「障害児」とレッテルを貼られたような、暗い気持ちになってしまう人もいるでしょう。さらに、お子様と保護者の方にとってみればニーズはあるのに受給者証を取得できない、あるいは保障された日数が少なすぎるというケースも多くあります。

ありあんちは、障害のあるなしや程度ではなく、ニーズがあるご家族のための療育を実施しています。そのため、国からの補助を受けない形での事業展開をしております。

 

 

個人宅の一室が教室なので安心感を持つことができます

083585[1]ありあんちにお通いのお子様は、ありあんちをまるで自分の家にいるかのような安心感を持って学習しています。指導もお子様の今持ち合わせているスキルを活用するので無理難題のない、生活に即した課題設定です。お子様にとって学びやすい環境が整っています。

 

 

2歳半から小学6年生まで通うことができる稀少な個別療育です

096804[1]未就学のお子様への福祉サービスが充実している中、世間の注目が行き届いていないのが、小学生のお子様の個別療育です。多くの学習塾では発達障害のお子様も受け入れているようですが、そこはあくまで「お勉強」の場です。ありあんちでは療育に重きを置き、お子様の将来の自律を目指した指導を展開しています。そのため、学習スキルだけではなく、お子様ご自身の困り感に寄り添った指導をしています。

 

 

現役小学校教師だからできる指導とカウンセリング

163102[1]未就学のお子様がいらっしゃる保護者の皆様のご心配の一つに小学校への就学があると思います。学校でどのようなスキルが必要になってくるのかがよく分かっている代表者なので、良き相談相手になることができます。また、小学生のお子様がいらっしゃる保護者の皆様には、今、お子様が学校で困っていることに対する改善案を提示することも可能です。

 

10分間おうち療育のメールマガジン


「10分間おうち療育」の最新情報をお届けしております👆