ありあんちが目指す療育

お子様とご家族の方の幸せのための個別療育

発達段階に応じた個別課題プログラムを作成している団体もありますが、ありあんちのミッションは、ご家族のための療育です。お子様の一番の専門家である保護者の方がお子様に望んでいることをヒアリングし、それに応じた課題内容にしております。このことこそ、他の療育機関にはないありあんちのミッションです。

診断名ではなく、お子様自身に目を向けた指導

学校などへ行くとどうしても診断名が独り歩きしてしまいお子様の状態を見逃しがちになります。診断名は知識としては必要ですが、ありあんちではまずはお子様のことを私の目で見るということを大切にしております。そのため、診断名があってもなくても、受給者証の対象であってもなくても、まずは保護者の方からのお申し出を重要視しています。

 

 

こだわりのない療育

知的障害や発達障害のお子様のために良いとされる手法は世の中にたくさん溢れています。ありあんちもABAやTEACCHを取り入れていますが、それにとらわれることで大切なお子様の将来を見失うことがないよう、目の前にいるお子様の今持っている力い着目をし、能力を引き出していくことがありあんちのなすべきことです。

ありあんちは、診断を受けていてもそうでなくても、保護者の方がお子さんの発達に心配を感じたら療育を受けることができます。