「療育」とは何か

「療育」という言葉を作ったのは日本人

1942年、東京に「整肢療護園」という肢体不自由児のための施設を開いた東京大学整外科名誉教授であり肢体不自由施設の生みの親である高木憲次氏。彼が「療育」という言葉を作りました。

整肢療護園は東京大空襲で焼けてしまいましたが、のちに再建されました。現在、東京都板橋区にある心身障害児総合医療療育センターの礎となる施設でした。

今までの説明でお気づきかもしれませんが、日本に初めて導入された「療育」は肢体不自由児に対してのものでした。

ちなみに、知的障害児の教育を行った初めての施設は滋賀県にある「近江学園」で、1946年に糸賀一雄らによって創設されました。糸賀一雄は「社会福祉の父」と呼ばれています。

「療育」という言葉の意味

「療育」は英語にすると「Treatment&Education」と訳します。「Treatment」は「治療」「処置」などの意味を持ちます。「Education」は「教育」の意味を持つ英単語です。

治療、つまり医療と教育がコラボレーションしたのが「療育」です。

私たちは日常生活に必要なスキルを身に付ける時、家庭や地域でのしつけや教育でだけで十分に身に付けることができますが、障害を抱えていると一般的な学びだけではどうしても不足していまします。それは家族が100%以上努力しても困難を極めます。そこで、医療や教育などあらゆる専門的な手段を活用して、そのお子さんにぴったり合う学びのスタイルでお子さんの成長をサポートしスキルアップにつなげるのが療育です。

療育を必要とする人は?

先ほどお話ししましたとおり、歴史を紐解くと「目に見える障害」、つまり肢体不自由を抱えるお子さん限定のような気もしてしまいますが、現在は「見えない障害」の療育も充実してきています。知的障害、ダウン症、広汎性発達障害、自閉症、ADHDなど、一人ひとりの発達特性に合わせた療育が各地で実施されています。

医療の進歩と共に「早期発見・早期療育」が叫ばれています。目に見える障害の場合、非情に早い段階から医療と連携した療育が実施されていますが、見えない障害の場合は周囲の気づきと保護者の気づきが合致して初めて療育が実施されます。そのため、どちからの認識が欠けていて、あるいは大人による「大丈夫」という心持ちが療育を受ける機会を逃してしまうというケースも実際に存在します。

 

 

10分間おうち療育メールマガジン配信中!!
%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc